子育て・家庭・人生論

仕事の電話が多すぎることの弊害とは。それってメールじゃ駄目ですか?

 

こんな方にオススメの記事です
  • 仕事中に電話が多く鳴り、自分の仕事に集中できない方。
  • そんなこと電話じゃなくてメールすれば良いのにと常に思っている方。
  • 何も考えずに仕事の電話をかけまくっている方。

 

こんにちは!たいちゃんパパです!

私の簡単なプロフィールはこちらになります。

もしお時間があればご参照ください。

 

【プロフィール】日本中の子育て世帯のママとパパへ こちらでは私の簡単なプロフィールと 当ブログに込める想いについてご紹介させて頂きます。 簡単に読める...

 

仕事中に電話が多すぎて自分の仕事が中断。

メールを一本送れば伝わるのに

どうしてわざわざ電話してくるんだろう?

それ、今電話で聞かないと駄目なの??

 

皆さんも一度はご経験があるのではないでしょうか?

かくいう私も日々

仕事の電話については悩まされています。

 

そこで今回は

仕事の電話が多すぎることの弊害について

現役営業マンの私が解説していきます。

 

まず、結論はこちらになります。

 

結論
  1. 自分の時間を強制的に奪われる。
  2. 思考が中断される。
  3. 形に残らないので仕事に支障をきたす。

 

これらを、電話を多くかける人の特徴を踏まえながら

順番に解説していきます。

 

それでは少々お付き合いして頂ければ幸いです!

 

そもそも仕事の電話を多くかける人の特徴とは?

 

 

それでは順番に解説していきます。

 

そもそも電話を多くかける人は

どういった特徴や考え方をしているのでしょうか?

それはこちらになります。

 

  • 本当に何も考えずかけている。
  • 相手の時間を奪っているという意識が欠如している。
  • 自分で調べるよりも聞いた方が早いからと電話をする。
  • メールを打つのが面倒だと思っている。

 

当然全員が当てはまるわけではありません。

しかし電話を多くかける人は

1つは必ず当てはまると思います。

 

順番に見ていきましょう。

 

本当に何も考えずにかけている

 

 

多くの方はこれではないでしょうか?

仕事なんだから、電話をかけるのは当たり前。

電話はかけるためにある

 

当然、電話はビジネス上とても重要なものです。

電話で成立する案件もあります。

電話だと話の温度が伝わりやすいという

メリットもあります。

 

しかし、そうだとしても

何も考えずに電話をかけまくるのは

仕事をしていくことではマイナスだと思っています。

それは以下の理由からです。

 

相手の時間を奪っているという意識が欠如している

 

 

少々厳しい言い方ですが。

電話を多くかける人は

相手の時間を奪っているという意識が

欠如してしまっているように思えます。

後述しますが

電話とは相手の時間を強制的に奪ってしまう代物です。

仕事ができる方ほど、電話はほとんどせず

メールやチャットでやり取りをしています。

 

はっ!っと思った方は

今日からでも

電話をかける前に一呼吸おいて考えてみてください

 

たいちゃんパパ
たいちゃんパパ
これ、本当に今電話で聞かないといけないことなのかな?

 

自分で調べるよりも聞いた方が早いからと電話をする

 

 

仕事ができない方の典型的な例です。

電話が多い人ほど

 

たいちゃんパパ
たいちゃんパパ
 それ今電話で聞くこと?ちょっと自分で調べればすぐ分かるじゃん・・・。 

 

ということが良くあります。

 

自分で分からないことを調べることが面倒

もしくは、調べる能力が無い方なのか。

 

どちらにせよ、相手の時間を奪う自己中心的な考え方です。

自分で調べれば分かることは

まずは自分で調べてみる。

それでも分からなかった場合

緊急性を要するものでなければメールを残しましょう。

 

メールを打つのが面倒だと思っている

 

 

機械が苦手な方に多いです。

でも私からすれば

 

  • 携帯の電話帳を開いて
  • 相手の名前を検索して
  • 電話のコールを鳴らして
  • 必要であれば電話をしながらメモを取って
  • そして電話を切る

 

この一連の動作の方が、メールに比べて

100倍面倒です!

 

メールであれば形に残るので

メモをとる必要もありません。

自分自身も

メールは送った後に履歴を追うこともできますし

自分で見返すこともできます。

 

メールをするのが面倒だと思っている方。

まずはメリットに目を向けて

電話からメールに切り替えていきましょう。

 

仕事の電話が多いことの弊害について

 

 

それでは仕事の電話が多いことの弊害について

順番に解説していきます。

 

ついつい電話を多くかけてしまっている方は

自分の仕事を良くするためだと

前向きに捉えて読んで頂ければ幸いです。

 

自分の時間を強制的に奪われる

 

 

最も大きな弊害がこちらです。

電話は自分が置かれている状況のことなど

全く関係なく無視して鳴ります。

 

仕事に集中している時でも

リラックスタイムを過ごしている時でも

鳴った電話を取った時点で

自分の時間は強制的にそちらに割かれます

 

メールだと、自分のタイミングで内容を見ることができますが

電話だとそうはいきません。

 

電話をかける際には

相手の時間を奪っているという意識を持ち

緊急性を要する案件に絞って電話をかけるようにしましょう

 

思考が中断される

 

 

物事の考え事をしている際。

電話の着信音が鳴った瞬間

思考は中断されます。

バイブレーションでも気が散るでしょう。

 

電話は相手の時間を奪うだけでなく

相手の思考も中断させてしまいます

 

ですので、どうしても集中して作業をしたい時には

思い切って電話の電源を切ることも良いかもしれません

 

事前に電話がかかってきそうな相手に対して

 

今から〇〇時~〇〇時までは申し訳ございませんがお電話に出ることができません。緊急性を要する際は会社までお電話頂ければ幸いです。

 

このようなメールを打っておけば

よほどのことが無い限り問題ないと思います。

 

形に残らないので仕事に支障をきたす

 

 

仕事上で最も厄介で不毛なトラブルの一つ

どんなことだと思いますか?

それは

相手との言った言ってない論争である

と私は思います。

特に新人の方に多いように思えます。

ではどうしてこのようなことが起こるのか?

それは仕事を電話で簡単に済ませようとしているかです。

 

安易な口約束をしたり

安請け合いを電話でしてしまった結果

このようなトラブルに発展してしまいます。

しかし、形に残っておらず証拠がないため

だいたいこのパターンでは売り手が負けてしまいます。

 

これはメールでのやり取りで証拠を残しておけば

トラブルにすらならない案件です。

最も不毛なトラブルの一つであると考えられます。

 

仕事でのやり取りは形を残すようにすることが

基本中の基本。

それは自分を守るためでもあり

相手を守るためでもあります。

 

重要な案件ほどメールでやり取りを残すようにしましょう。

電話での口約束なんて論外です。

 

まとめ:電話は使い方次第!神アイテムにも雑魚アイテムにもなりうるもの。

 

 

まとめになります。

仕事で電話が多いことの弊害については

 

結論
  1. 自分の時間を強制的に奪われる。
  2. 思考が中断される。
  3. 形に残らないので仕事に支障をきたす。

 

こちらになります。

ですので、ついつい電話を多くかけてしまう方については

これらのことを少しでも意識して頂き

相手のことを思いながら仕事を進めて頂ければ幸いです。

 

電話は便利な道具にも邪魔な道具にもなりうるもの。

使い方さえ間違えなければとても便利なものです。

是非、シーンにおいて使い分けていただくことを

お勧めいたします。

 

それでは、本日もお読み頂きありがとうございました!

Twitterもやっておりますので

お時間が許すようでしたら覗いてみてください。

下記のリンクから1秒で飛べます。

 

たいちゃんパパでした!

ありがとうございました。

 

たいちゃんパパ
たいちゃんパパ
基本的に電話は緊急性を要するもの、メールはそれ以外と使い分けをしていこう!!!